杏仁美友.com 〜薬膳レシピ
トップページへ
印刷する
五色の中華風炊き込みご飯
免疫力をつける秋の滋味ごはん
気虚 陰虚 肺
■材料
もち米  2合、 うるち米  1合
(3合分)
干し椎茸  6枚
銀杏  20粒(今回は水煮を使用)
松の実  大さじ2
人参  1/4本
グリンピース  大さじ2
干し海老  大さじ1
長ネギ  1/2本
生姜  1片
チキンキューブ  1個
紹興酒  大さじ1
(なければ日本酒でOK)
醤油  大さじ1
砂糖  小さじ1
ゴマ油  大さじ1
五色の中華風炊き込みご飯

■作り方
  1. お米は洗い、水に30分〜1時間浸しておく。
  2. ボールに張った水に干し椎茸、干し海老を入れて戻し(戻し汁も使うので捨てないで!)、干し椎茸は食べやすい大きさに切っておく。人参はいちょう切りに、長ネギ、生姜はみじん切りにする。
  3. フライパンにゴマ油をいれ、長ネギ、生姜、干し海老、干し椎茸の順に炒め、調味料を絡ませる。
  4. 炊飯器に1のお米と戻し汁を加えておこわモードの水量にし、3の具材とグリンピース、銀杏、チキンキューブを砕いて混ぜ、炊く。
  5. 炊き上がったら、フライパンで乾煎りした松の実を散らす。

■薬膳的食材
【椎茸】 甘味 平性 胃に帰経
元気をつけ、胃腸の機能をアップさせるので、子どもからお年寄りまで幅広く使える。 なお、免疫力をアップさせ、血圧を下げる働きもある。

【銀杏】 甘・苦・渋味 平性 肺に帰経
生薬名は白果(びゃっか)。 収斂作用があり、咳、尿、おりもの過多などにも良いとされる。 ただし、毒があるので、食べすぎには注意すること。

【松の実】 甘味 温性 肝・肺・大腸に帰経
別名、海松子(かいしょうし)とも呼ばれる松の実は、皮膚の乾燥を防ぎ、咳をとめ、潤腸作用があるので、コロコロ便にもいいとされる。 長く使用すると仙人になれるとも!

■備考
秋は乾燥の季節。 まっ先にその影響を受けるのが「肺」や「皮膚」ですが、肺や皮膚は、外からの邪気を最初に受ける、いわばカラダを防御するための盾となる部分です。 ここを強化しておくと、風邪にも負けないカラダになれるし、肌の乾燥や咳や痰のトラブルにも強くなります。

このウインドウを閉じる
Copyright (C) KYONIN MIYU All Rights Reserved.