杏仁美友.com 〜薬膳レシピ
トップページへ
印刷する
イチゴとセロリの春色サラダ
春のフルーツ女王「イチゴ」の美肌力
気虚 気滞 肝
■材料
イチゴ  8個
セロリ  1本
チコリ  8枚
紫キャベツ  2枚
サニーレタス  2枚
オリーブオイル  大さじ2
粉チーズ  大さじ1
レモン汁  大さじ1/2
塩、コショウ  適量
イチゴとセロリの春色サラダ

■作り方
  1. いちごはさっと洗い、ヘタを取ってそれぞれ8等分に切る。
  2. セロリは斜め薄切りにし、チコリは一枚ずつはがす。紫キャベツとサニーレタスは手でちぎる。
  3. ボールに1と2をいれ、オリーブオイル、レモン汁、粉チーズ、塩、コショウで味付けをしてざっくり混ぜ、器に盛る。

■薬膳的食材
【イチゴ】
甘酸味 平性 肝肺脾に帰経
出すぎた汗を収れんさせたり、胃腸の調子を整える。
気を補うパワーがあるので、ハリのない肌にもおすすめ。
栄養面ではビタミンCが豊富で、免疫力を高めたり、抗酸化作用があるので、風邪を引きやすい人にもいい。

■備考
春といえば陽気の高まりとともに、鼻水・くしゃみやのぼせ、めまいや情緒の不安が出やすい時期です。 こういったトラブルは、薬膳では「肝」という機能が弱まっていると出やすいとされ、「肝」を調整してくれる食材や、肝の働きを助ける「酸味」をアクセントに加えるといいといわれています。
肝を調節してくれるものとしては、セロリ、せり、くらげ、ハマグリ、しじみ、菊花など、酸味を補うものの例としてはイチゴ、梅、小豆、あんず、桃、トマト、ぶどうなどがあります。

このウインドウを閉じる
Copyright (C) KYONIN MIYU All Rights Reserved.