杏仁美友.com 〜薬膳レシピ
トップページへ
印刷する
親子 de 杏仁豆腐
白い食材は肌を潤す?!
陰虚 肺
■材料
杏仁霜  30g
牛乳  500cc
ゼラチン  10g
水  100cc
砂糖  15g
[シロップ]
水  200cc
砂糖  50g
[トッピング]
アンズのシロップ漬け  2個分
クコの実、杏仁  適量
親子 de 杏仁豆腐

■作り方
  1. ゼラチンは大さじ3の水(分量外)で10分ほどふやかし、電子レンジで1分加熱して溶かしておく。
  2. 鍋に杏仁霜、水、砂糖をいれて火にかけ、よく溶きのばしてから、牛乳を加えて混ぜる。
  3. 火を止めたらゼラチンを加えてなめらかにし、氷水にあててとろりとするまで冷やし、器にいれて冷蔵庫で冷やす。
  4. シロップの水、砂糖を鍋で煮溶かし、クコは少量の水で戻して、その戻し汁ごとシロップに加える。
  5. 食べる時にシロップを器にかけ、蒸した杏仁やアンズのスライスを添える。

■薬膳的食材
【杏仁】 甘味 平性 肺・大腸に帰経
肺機能を高め、痰をとったり、咳を止める働きがあるので、長引く咳にもいい。 腸を潤す作用があるので、老人性の便秘や、産後の便秘にも有効的。

■備考
アンズの種子と果実をいっしょに組み合わせてみましたが、アンズの実は種より薬効は穏やかなものの、咳を鎮めたりと同じような働きがあります。 なお、クコの実は目の健康を保つといわれ、昔から滋養強壮の薬として重宝されていました。 薬効もある戻し汁は捨てずに、シロップにお役立てくださいね!

このウインドウを閉じる
Copyright (C) KYONIN MIYU All Rights Reserved.