杏仁美友.com 〜薬膳レシピ
トップページへ
印刷する
冬瓜のとろ〜り☆カレースープ
丸ごと薬膳!低カロリーな美容食材「冬瓜」
痰飲 脾
■材料
冬瓜  1/8個
鶏ひき肉  160g (酒大さじ3で炒り煮する)
長ネギ  30g(20センチくらい)
生姜  1片
昆布とカツオのだし汁  700cc
カレー粉  小さじ2
みりん  大さじ2
薄口しょうゆ・塩  少々
水溶き片栗粉  大さじ3〜4
人参、グリンピース(お好みで)
冬瓜のとろ〜り☆カレースープ

■作り方
  1. 鍋に鶏ひき肉と酒を入れ、そぼろ状になるまで炒り煮する。冬瓜は皮をむき(きんぴらなどに使用くださいね)、わたごと食べやすい大きさにきる。ネギ、生姜は粗みじん切りにする。
  2. 出汁を入れた鍋に冬瓜を入れて火にかけ、果肉が透き通ってきたら、1の鶏そぼろ、ネギ、生姜をいれ、調味料で味付けをする。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら器にもる。

■薬膳的食材
【冬瓜】
甘味 涼性 肺大腸膀胱に帰経
身体を涼やかにする性質があり、余分な熱を取り除く働きがあるほか、利尿作用や、解毒作用があるとされる。中国では夏バテに欠かせない一品だが、カリウムやビタミンCが多く含まれている上、低カロリーなので、排尿促進やダイエット、美容にも効果的。

【鶏肉】
温性 甘味 脾胃に帰経
お腹を温め、腎機能にも作用するので、水分代謝の悪いひとにもおすすめ。なお、薬膳では気を補う力があるとされ、疲れやすい、風邪を引きやすいといった症状にもいいとされる。

■備考
夏になるとなぜか太ってしまう……というタイプは、冷房や冷たいものの摂りすぎなどで体液の循環が悪くなり、余計な水分が体内にたまってしまうのが原因のケースも少なくありません。胃腸の機能を整えてくれる食材や、カラダを温めてくれる食材を加えましょう。

このウインドウを閉じる
Copyright (C) KYONIN MIYU All Rights Reserved.